睡眠障害 過眠症 チェック

睡眠障害 過眠症のセルフチェック

スポンサーリンク

日中に強い眠気を感じる過眠症による睡眠障害には主に3つのタイプがあります。

突発性過眠症

日中の過度の眠気を主な症状とする睡眠障害の一種
症状としては、目覚めが悪く発作後すっきりしない。頭痛や眩暈、立ちくらみなどの症状がある。夜の睡眠も長い傾向がある

 

ナルコレプシー

直訳するとNarco(睡眠)Lepcy(発作)となり、睡眠発作となります。周囲から見た様子から、居眠り病とも言われています。
日中に何度も耐え難い眠りが訪れる過眠症の一種です。
主に十代の発生が多く、寝入りばなに金縛りや幻覚・幻聴を起こす場合もある。

 

反復性過眠症

若い方の発症が多く、過眠状態が数日間から数週間続き、不定期にその症状を繰り返します。

スポンサーリンク

過眠症の原因としては、脳障害や精神疾患及び身体疾患の患者が多いと言われています。
そんな、睡眠障害の疑いを感じられるようでしたら、下記のセルフチェックを行ってみてください。

 

1.人がたくさん居る場所(会議室や授業中)で長く座っていると眠たくなる。
・ほとんどない
・たまにある
・良くある
・いつもそうなる
2.昼間など、横になって休んでいるときに眠たくなる。
・ほとんどない
・たまにある
・良くある
・いつもそうなる
3.座って友達としゃべっている時に眠たくなる。
・ほとんどない
・たまにある
・良くある
・いつもそうなる
4.テレビを見ていると眠たくなる。

・ほとんどない
・たまにある
・良くある
・いつもそうなる
5.本を読んでいる時に眠たくなる。
・ほとんどない
・たまにある
・良くある
・いつもそうなる
6.人が長時間運転している車の助手席で眠気が襲ってくる。
・ほとんどない
・たまにある
・良くある
・いつもそうなる
7.昼食後、ゆっくり座っている時に眠たくなる
・ほとんどない

・たまにある
・良くある
・いつもそうなる
8.自分で運転していて、渋滞などで長く停車していると眠たくなる。
・ほとんどない
・たまにある
・良くある
・いつもそうなる

 

ほとんどないが0ポイントで、たまにあるが1ポイント、良くあるが2ポイントで、いつもそうなるが3ポイントで計算してください。
11ポイント以上だと、睡眠障害の可能性があります。
あくまでも一つの目安ですので、心配な方は専門医と相談されることをお勧めします。

スポンサーリンク